医師 募集 医師 転職 Amy Life 山田詠美風味図鑑 魂がふるえるとき―心に残る物語 日本文学秀作選 (文春文庫) 忍者ブログ
山田詠美の小説は官能的な心理描写や身体器官の描写が本当に秀逸です。快楽に肯定的に生きるエネルギッシュな人を描くポンちゃんの作品を紹介しています。
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ドヤ顔の人
性別:
男性
趣味:
読書(ビジネス書・小説)・ネットサーフィン・スノボー
ケータイで見るには
アーカイブ
カウンター
[10]  [22]  [21]  [16]  [7]  [24] 

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

魂がふるえるとき―心に残る物語 日本文学秀作選 (文春文庫)

魂がふるえるとき―心に残る物語 日本文学秀作選 (文春文庫)魂がふるえるとき―心に残る物語 日本文学秀作選 (文春文庫)

文藝春秋 刊
発売日 2004-12
オススメ度:★★★★




強烈である 2009-11-18
本の目次のページで

開高健、武田泰淳、安岡章太郎、堀田善衛、

戦後派の近代文学者の名前がある。


どれもこれも強烈である。


一番書きたい事は書かないものです。

書かずに読者に感じさすのです。


以前ある編集者にこの言葉を聞かされたが、

ここに掲載されている小説は皆、これである。


芸術とは、分野を超えて、

こうでなければならない、と、

見せつけられているようである。




明治〜昭和初期の匂いが色濃く立ち上がる16編 2009-08-10
 宮本輝氏が厳選した日本文学短編秀作選。明治〜昭和にかけてのそうそうたる名作家たちの短編が16編収められている。

 様々な特色ある作品が読めるので、ある意味お得な1冊。明治〜昭和初期の匂いが色濃く立ち上がる作品ばかり。

 ひとつ選ぶとすれば川端康成の『片腕』。奇怪で妖艶な雰囲気に圧倒される短編だ。

「同人(ブログ)作家」必読の書。あなたは魂がふるえるか? 2009-05-09
1 玉、砕ける   開高 健

  * 「玉」とは、垢すりでできた垢の玉。


2 太市      水上 勉

  * 学校に来られなくなった太市は家で女郎蜘蛛を飼っていた。


3 不意の出来事  吉行淳之介

  * 密通がヤクザの情夫にバレて強請られるが……、とんちんかんな顛末。


4 片腕      川端康成

  * 女が自分の片腕をはずして男に与える。村上春樹の世界だなこりゃ。


5 蜜柑      永井龍男

  * 別れ話をした帰り道、オート三輪車が横転して道路に蜜柑が散乱していた。


6 鶴のいた庭   堀田善衛

  * かつて栄華を誇った廻船問屋が、屋敷の庭でつがいの鶴を飼っていた。


7 サアカスの馬  安岡章太郎

  * 老いぼれ役立たずと思っていた馬が、サーカスの花形だと知ったときの驚き。


8 人妻      井上 靖

  * 自分の子に接する別人のような人妻の横顔を見て、若者からツキ物がおちる。


9 もの喰う女   武田泰淳

  * ムシャムシャという感じではなくて、いつのまにかスーッと消えてしまった風。


10 虫のいろいろ  尾崎一雄

  * 瓶の中に蜘蛛を閉じこめて半年。センをとった時、間髪を容れず、脱出した。


11 幻談      幸田露伴

  * 舟で魚釣りに出て、浮き沈みする釣竿を引き上げると死体が竿を握っていて離さない。


12 ひかげの花   永井荷風

  三十代の初めに再読したとき、最後の、塚山に届いたおたみからの手紙で、あの時代に娼婦として生きる女の考え方や、世の処し方に、なんだか呆気なく突き放された気持ちになり、この小説の凄さを知った。(「あとがきにかえて」)


13 有難う     川端康成

  * 定期乗合自動車の運転手が避けてくれた大八車など皆に「有難う」と言い続ける。


14 忘れ得ぬ人々  國木田独歩

  * 磯を漁つてゐる男、馬子唄をうたう壮漢、琵琶僧らを情景豊かに思い出す。


15 わかれ道    樋口一葉

  * 誰からも慕われる仕事屋のお京が、妾となって長屋を出て行くのを止める男。


16 外科室     泉 鏡花

  * 手術を受ける伯爵夫人が、うわごとを聞かれたくないから麻酔なしでやれという。


さらに詳しい情報はコチラ≫


拍手[0回]

PR

Comment
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント
Trackback
この記事にトラックバックする:

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne