医師 募集 医師 転職 Amy Life 山田詠美風味図鑑 は行 忍者ブログ
山田詠美の小説は官能的な心理描写や身体器官の描写が本当に秀逸です。快楽に肯定的に生きるエネルギッシュな人を描くポンちゃんの作品を紹介しています。
カレンダー
02 2020/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ドヤ顔の人
性別:
男性
趣味:
読書(ビジネス書・小説)・ネットサーフィン・スノボー
ケータイで見るには
アーカイブ
カウンター
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ポン女革命! ニッポン女性をタフに美しく進化させる179のスローガン |蝶々

ポン女革命! ニッポン女性をタフに美しく進化させる179のスローガンポン女革命! ニッポン女性をタフに美しく進化させる179のスローガン
蝶々
マガジンハウス 刊
発売日 2008-06-26
オススメ度:★★




悩んだ時の助けになってくれます。 2009-06-19
確かに文は短いです。(格言集だから当たり前ですが…) ですが、その短い言葉に元気や生きるヒントをもらえます。 煮詰まった時や、落ち込んだ時にこの本を開くと、自分が何に悩んでいるのか、どうすればいいのかがわかり、解決策を見つけるいい手助けになってくれました。 実際にこの本に書いてある言葉の通りに行動してみれば、大切なことを言っているかどうかはわかることです。 この本の中に出てくる、与謝野晶子先生、瀬戸内寂聴、宇野千代、林芙美子、岡本かの子..などの人名からも彼女の教養の高さが窺えます。 この本を生かすか殺すかは読む人次第でしょう。

感性が試されます 2009-01-04
言葉は少ないです。

でも、本当に本当に大事なことを短い言葉で語ってくれています。

蝶々さんがどれだけ悩んだり立ち止まったり迷ってる女子を救いたいか、

気持ちがじんじんと伝わってきます。

その言葉から何を受け止められるか

自分の感性が試される本でもあります。

手元において何度でも開きたい本です。


さらに詳しい情報はコチラ≫


拍手[0回]

PR

フリーク・ショウ (角川文庫) |山田 詠美

フリーク・ショウ (角川文庫)
山田 詠美
角川書店 刊
発売日 1993-01
オススメ度:★★★★




いろんな恋のストーリー 2003-10-24
出会いから始る恋のフリークショウ。せつなかたり、激しかったり、そしてスイートだったり、山田詠美ワールドならではの黒人と日本人カップルが繰り広げる、いろんなかたちのラブストーリーが収録されています。


さらに詳しい情報はコチラ≫


拍手[0回]

ファッション ファッショ (講談社文庫) |山田 詠美 /ピーコ

ファッション ファッショ (講談社文庫)ファッション ファッショ (講談社文庫)
山田 詠美 /ピーコ
講談社 刊
発売日 2006-09-16
オススメ度:★★★★




オトコ+オンナ=オトナ 2007-01-20
二人は女性らしくもあり、男性らしくもある人たちだと思う。

そして、オシャレ!

そして、オシャベリ!

そんな二人がファッションについて話したら面白くないわけがないじゃないですか!

面白いです!


さらに詳しい情報はコチラ≫


拍手[0回]

ファッション ファッショ マインド編 |山田 詠美 /ピーコ

ファッション ファッショ マインド編ファッション ファッショ マインド編
山田 詠美 /ピーコ
講談社 刊
発売日 2005-09-16
オススメ度:★★★★




ファッション以外も、もちろん面白いです。 2009-01-03
詠美とピーコの毒舌が軽々と読めるこの本は、くだらない「自分探し」や「負け犬」とかをすべて一刀両断。要は、中身なのということを伝えてくれます。

なにかに迷った時に読むと面白いでしょう。特に何も迷ってなくても、自分の立ち姿を鏡に映して見直すきっかけとなります。

写真が欲しかったなあ 2007-03-29
友人から借りて読んだ本。


某ファッション雑誌の連載対談だとは知らず読んだけれど、

こういう対談は大いにやって欲しい。

そして、いわゆる何も考えず流行りしか追わない

日本人のファッションスタイルをどうにかして欲しい!


しかし、その雑誌で載っていただろう写真も載せて欲しかったな。なので★4つ。





厳しくも優しく面白く 2005-10-11
前回も買ったので勿論今回も買いました。
ピーコさんのファッションチェック・センスと山田詠美さんのファッションチェック・センスがいい具合に混ざっています。
流行りを変な風に着ている人を斬ります。
そして基本的なファッションのポイントも教えてくれます。
雑誌掲載が終わってしまったということで、この本ももう続きが出ないのかと思うとちょっと寂しいです。


さらに詳しい情報はコチラ≫


拍手[0回]

姫君 (文春文庫) |山田 詠美

姫君 (文春文庫)姫君 (文春文庫)
山田 詠美
文藝春秋 刊
発売日 2004-05
オススメ度:★★★★




心の奥が擽られる 2007-02-12
初めて山田詠美の作品に触れてニヤついてしまった。最初のMENUの主人公が自分の性格と似ていて共感できる箇所にニヤついた。人に必要とされることが欝陶しくて本音を話さず心の内に留める、自らも何かを補ってくれて共感できる人にしか興味を示さない。面白いですが、考えが合わない分からない人にはヒドク後味悪い作品です。
姫君もチョイ似た作品ですが、こちらはMENUのような陰欝な作品ではない。ただラストは少し後味悪いです。
何かの作品に影響や入れ込む人は荒んだ気持ちになりますから、注意してください。

傑作。 2006-03-10
山田詠美の作品を初めて読んだのが表題の姫君。これだけは凄く気になって直感で購入した作品。私の直感は正解だった。とても切なく愛おしい気持ちが広がる。複雑な様で人の心はとてもストーレートで正直な一面を持つ。もどかしい程に言葉で上手く伝えきれない、そんな心の葛藤が丁寧に描かれていました。とても良い作品、やはり余韻が残ります。

私は彼女の文体が好きです 2005-08-13
“テーマは愛と死”
なんて言われると巷で流行の「純愛、死んだ恋人思い続ける」系かと思われますが、
まずそんなことはないです。
私はMENUと表題の姫君が好きです。
MENUの主人公の青年は世の中を斜めに見ているつもりが結局一番哀れな存在。
姫君はゆるゆるした感じがいい。とにかく雰囲気。
くさいセリフにも愛着が湧くってものです。
後はフィエスタもなかなか面白かった。独特の視点。



さらに詳しい情報はコチラ≫


拍手[0回]



忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne