医師 募集 医師 転職 Amy Life 山田詠美風味図鑑 は行 忍者ブログ
山田詠美の小説は官能的な心理描写や身体器官の描写が本当に秀逸です。快楽に肯定的に生きるエネルギッシュな人を描くポンちゃんの作品を紹介しています。
カレンダー
02 2020/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ドヤ顔の人
性別:
男性
趣味:
読書(ビジネス書・小説)・ネットサーフィン・スノボー
ケータイで見るには
アーカイブ
カウンター
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

姫君 |山田 詠美

姫君姫君
山田 詠美
文藝春秋 刊
発売日 2001-06
オススメ度:★★★★★


???本書は、「MENU」「姫君」など5作品からなる短編集。いずれも、人を愛するということから生じる「聖なる残酷」を正面から見据えている。
???中でも圧倒的な印象を残すのが、独特のバランスで保たれた2人の奇妙な同居生活を描いた表題作「姫君」。「世界のための」源氏名を持つ破天荒な姫子と、ミュージシャンを目指している人のよい摩周。2人の同居生活は、お互いに一線を越えないようにしようという暗黙の了解によって成り立っていた。おもしろいのはここでいう「一線」が、肉体関係のことではなく、もっと観念的な関係性での「一線」であること。だがその関係性も徐々に変化していく。必死に保っていたバランスが崩れ、そこから新しい関係が始まろうとしたときに2人を待ち受けていた思いがけない結末とは…。
???そのほか、他者との複雑で微妙な人間関係を淡々と描きあげた「MENU」や、一風変わった語り手が特徴的な「フィエスタ」など、いずれも人間の関係性に焦点を絞った作品がそろっている。密度の濃い関係が、山田詠美独特の一見軽い口調で展開されていくのだが、内容自体は決して軽いものではない。これまで、肉体関係を中心とした即物的な作品を書く作家という印象を持っていた人は、そのイメージが一変するのではないだろうか。それほど、人と人との関係性が非常に観念的に捉えられており、人を愛することによって生じる、失うことへの恐怖のさまざまな変奏が、せつなく熱く胸に迫ってくる。
???漫画家の真鍋昌平によるカバーイラストも、その都会的な雰囲気が内容にぴったりマッチしていて、ひとつの作品としての完成度をさらに高めている。(盛岡真美子)

「関係」 2005-05-26
この本はまずカバーイラスト(真鍋昌平:画)が成功していると思います。重厚なのにクールで、山田作品独特のエロスも感じられて。
本棚に並べておくとなんとも良い感じで、好きです。
山田作品の凄いところは、こんなハードな恋愛経験ないよ!って人でも、
(もっとも、あったらより共感出来る部分も多いんだろうけど・・・私は生憎無いので:笑)
物語に引きずり込み、共感させる力があること。
それも、夢物語として憧れさせるというのとは少し違って、もっと切なく胸を締め付けられる。精神的な痛みよりはむしろ、肉体的な痛みを伴って。
それはきっと、彼女が「恋愛」というものを通して、人と人とが「関係する」という事の、もっとも深い、芯の部分を描こうとしているからなのだろう、と思います。
そして彼女の紡ぎだす話は、彼女自身がひとつひとつ体得してきたものを、嘘混じりけなくぶつけているから、これほど説得力があり、人の心を動かすのでしょう。
この本は、そんな山田作品の魅力が凝縮されて詰まっていると思います。
これほど多彩な話を描き出しながら、浮つくことなく、クールに、しかも血肉の伴った作品として世に送り出すことが出来る。その圧倒的な力と才能に、感嘆の声を上げずにはいられません。

長編もいいけど… 2005-01-16
いいですよ、これ。
山田さんの本は割とじっくり浸りながら読んだりするのですが、この本はスピーディな感じのものが多く、一気に読みました。
読みながらテンションあがったりします。

響きました。 2004-09-20
泣きました。
山田詠美さんの作品は、とても心に入ってくる。
死をもって愛を知るって、残酷だけど、美しい。
自分が死ぬ時、誰を一番に想うんだろう・・・
充たされて気づかない日常、失って気づく本当に大切なもの。
読んでいろいろ考えてしまいました。
かなりオススメの一冊です。。。


さらに詳しい情報はコチラ≫


拍手[0回]

PR

ぼくはビート (幻冬舎文庫) |山田 詠美

ぼくはビート (幻冬舎文庫)
山田 詠美
幻冬舎 刊
発売日 1997-06
オススメ度:★★★★★




甘く切なく 2003-07-29
さまざまな恋が描かれているなかでも、私は1日に1度別れる二人と、始めて悪態をつくことを知った恋が好き。
甘く切ない世界に浸りたいときにお勧めの一冊。
お亡くなりになった永倉万治の解説も抜群。

甘く切なく 2003-07-29
さまざまな恋が描かれているなかでも、私は1日に1度別れる二人と、始めて悪態をつくことを知った恋が好き。
甘く切ない世界に浸りたいときにお勧めの一冊。


さらに詳しい情報はコチラ≫


拍手[0回]

ぼくは勉強ができない (新潮文庫) |山田 詠美

ぼくは勉強ができない (新潮文庫)ぼくは勉強ができない (新潮文庫)
山田 詠美
新潮社 刊
発売日 1996-02
オススメ度:★★★★




本当にそうなのか!? 2010-01-07
筆者は、勉強ができる生徒よりも、

女子に人気がある生徒のほうがよしと

している。


それは一つの考え方であるが、勉学に励んでいるもの

を小ばかにすることには賛成できかねる。


ただ、ストーリー自体はおもしろく、読みやすかった。

高校生活を回想することができ、いい契機となった本である。

主人公の時田秀美がドタバタする短編小説 2009-11-09
主人公の時田秀美がドタバタする短編小説である。主人公はどちらかというとませた少年という感じがする。女性関係であり学校について、親や祖父や学校の先生と級友や愛人の桃子といろいろとぶつかりながらも成長しているとは言える。好きな短編は「○をつけよ」と「番外編・眠れる分度器」ですね。


良くても悪くてもレッテルを貼りたがる。人が人を無責任な立場で裁くことはしてはならない。人と同じ部分であり違う部分をきちんと認められるようにする。勉強が出来ることそのものが大事なのではない。学校の先生に教わらなくても、教わる題材はそこらじゅうにたくさんある。


著者の言おうとしていくことはすごくわかる。しかし、何か違和感がある。理屈は納得いくが、語られ方というのかなそういうものに違和感を感じる。好き嫌いが分かれるような気がするなあ。私は、そんなに好きではない。



簡単にヴィジュアル化できそうな感じ・・・ 2009-11-09
この作品はきっとドラマでも映画でも表現可能で楽しめそうそうだと思います。

主人公秀美とその家族がとてもイキイキと輝いていました。

個性だとか価値観だとかのあり方、

まるで人々が言いたいけど心の奥に閉まっている事を

代筆してくれてるような気がしました。

途中で何度かウトウトして読むのに思ったより時間がかかりましたが

読み終えてよかったです。


さらに詳しい情報はコチラ≫


拍手[0回]

ファッションファッショ |山田 詠美 /ピーコ

ファッションファッショファッションファッショ
山田 詠美 /ピーコ
講談社 刊
発売日 2003-09
オススメ度:★★★




自分はおしゃれだと思っている人、おしゃれになりたいと思ってる人へ! 2005-12-15
これです、これ。

ファッションについてピーコさんと詠美さんが

語ってることになっているけど、

全てに共通することを教えてくださっていると言える。

お二人は断言してます。

まず、基本から。

土台がちゃんと出来てないと、応用なんて無理。

というか無茶よ。

じゃあ、基本ってなんですか?という私達の疑問に

「しょ〜がないわね〜」と言いながら、親切に教えてくれる本です。

すてきなお姉さま達、オススメです!

面白い本 2004-10-30
ファッションに関すること、というより、お二人の人間観や
世界観がうかがえる対談で、面白く読みました。
私も文庫で買われることお勧めします。基本的に軽い読み物です。
山田詠美さんの写真はなかなか見れないので、いつもは帯がじゃまで
捨ててしまう私もこの本だけは帯をとらずに残してます。
ちなみに、山田さんやピーコさんが好きじゃない方は絶対読む必要ないです。
こういう、大人でありながら、可愛らしい会話を楽しめる
お二人の品に感じ入りました。

さすがのトーク! 2004-09-18
ピーコと山田詠美の対談、しかもファッションについての、と言うだけで、期待は高まるばかりの一冊!そしてもちろん期待を裏切らない二人の愛溢れる毒舌トークには、声を上げて笑うばかり!ピーコのファッションチェックよりも過激!山田詠美の言葉は、対談なのに、山田詠美の小説を思わせる。ファッションも好きだけど、オトコも大好き!な二人の恋愛や付き合い方に関する話も、すごいなぁ、と思います。素敵な二人です。でもこれ、好きな人はハマるけど、そうじゃない人はハマらないかも。この本を一番楽しめるのって、ゲイと、女であることに胡座をかいてない女だと思うな。ファッション誌「Style」に掲載されたいた対談だけれど、二人が喋ってるのは流行に左右されない、スタイルについて。いつ読んでも古臭くならない本だと思うので、ある意味文庫待ちで買った方が良いかも。ピーコと山田詠美の大ファンじゃない限り、ハードカバーでこの価格を支払って読む本じゃないと思う。どうせなら、写真入れて欲しかった。ピーコはともかく、あまり山田詠美を写真で見ることがないので。そんなわけで☆4つです。文庫になったら文句ナシで☆5つ!


さらに詳しい情報はコチラ≫


[PR]FXCM

拍手[0回]

120%COOOL |山田 詠美

120%COOOL
山田 詠美
幻冬舎 刊
発売日 1994-03
オススメ度:★★★★★




魅せられて 2008-03-19
初めて出会ったのは、高校生の時。それから何年も経ちましたが、彼女の文章は私を包んだままです。
特に『待ち伏せ』『ガリレオの餌』『雨の化石』が好きで、何度読み返しても、違う面を見せてくれるのです。やはり山田詠美さんは、根っからの小説家なのではないでしょうか。でなければ、こんな作品は書けないと思います。

こんなが恋愛したい! 2004-04-16
人を愛すること、だれかをとても大切に思う美しい恋愛を描いた短編集。恋人をとても愛しく思いました。気づかないけれど、なにげない瞬間、何となく過ごしている時間も、実は、ドラマチックで繊細なのかも知れませんね。山田詠美の描く女の子ってすごく魅力的で、あこがれます。読む価値アリです!

ホンモノノ美シイ恋愛。 2004-04-15
だれかを大切に思うこと、愛すること、恋愛における様々な場面が、美しく描かれた短編集。自分の恋人を、とても愛おしく思えた。身のまわりにおけるシチュエーションが、いつもの日常風景が、実はドラマチックで、繊細なものなのかも知れない。山田詠美の描く女性は、とても魅力的で、そんな風になりたいと思う人も多いのではないでしょうか。私事ですが、「待ち伏せ」に少し似た経験をしたことがあり、なんだか懐かしい気分になり、共感しました。


さらに詳しい情報はコチラ≫


拍手[0回]



忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne