医師 募集 医師 転職 Amy Life 山田詠美風味図鑑 日はまた熱血ポンちゃん (講談社文庫) |山田 詠美 忍者ブログ
山田詠美の小説は官能的な心理描写や身体器官の描写が本当に秀逸です。快楽に肯定的に生きるエネルギッシュな人を描くポンちゃんの作品を紹介しています。
カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ドヤ顔の人
性別:
男性
趣味:
読書(ビジネス書・小説)・ネットサーフィン・スノボー
ケータイで見るには
アーカイブ
カウンター
[10]  [22]  [21]  [16]  [7]  [19] 

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

日はまた熱血ポンちゃん (講談社文庫) |山田 詠美

日はまた熱血ポンちゃん (講談社文庫)日はまた熱血ポンちゃん (講談社文庫)
山田 詠美
講談社 刊
発売日 2005-10
オススメ度:★★★




相変わらず元気なポン節だが… 2005-11-08
既に何冊目の『熱血ポンちゃん』シリーズ。読めば元気になるし、登場人物も常連読者に撮っては古くからの知り合いのような感じ。ただし、常連読者が読むと、疎外感を感じてしまうかもしれない。くれぐれも、シリーズ一作目から順番に読んでいこう!
ところで、元原稿である月刊誌の連載の形では一編ごとに感じられた新鮮さが、文庫本にまとめられまとめて目の前に出されると、読んでいる途中で若干飽きがくる瞬間がある。内容と文体と感性は読み手である
自分とマッチしているのだが…

今はどんな生活してるんだろう 2005-10-31
いつも文庫になってから読んでいるので2年くらい遅れて彼女の日常を知る、といった感じです。今回も相も変わらず割とおばかなことをしているなーと微笑ましく、そして生暖かく読みました。
そういえば石原ちんも幻冬舎に移っていたのですね。これを読んで初めて知りました。元気そうで何よりです。愛すべき編集者だなあと思います。
山田詠美の生活っぷりを見ていると、年を重ねるのも悪くないなあと思います。まあ、時にはいい年をしてそれはどうなんだろう…と思うこともあるのですが。いい意味でも悪い意味でも無邪気ですね。
でも、エッセイなのにこれだけ楽しんで読めるというのはそれなりのクオリティが維持されてこそだと思うので、これからも読み続けて行きたいと思っています。


さらに詳しい情報はコチラ≫


[PR]楽天

拍手[0回]

PR

Comment
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント
Trackback
この記事にトラックバックする:

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne